Windows10オクトーバー2018アップデート

WINDOWSのバージョンを確認

「設定」-「システム」-「バージョン情報」→

バージョンが「1803」ならオクトーバー2018にアップデートできる。1803未満ならウィンドウズアップデートを実行して1803に更新しておく。右はオクトーバー2018アップデート後のデータなので「1809」になっている。


手動で最新版に更新

 ウィンドウズ10のダウンロードサイトを開く。「今すぐアップデート」でスタート。後は画面の指示に従って進める。ネットの状態やPCによって違うが、1時間くらいはかかる。この間ウィンドウを最小化し、他の作業をしていてもよい。


アップデート後は、

(1) エクスプローラーがダークテーマに対応

  設定-個人用設定-色-既定のアプリモード-黒にチェック

(2) クリップボードの強化

  コピーは、Ctrl+C

  画面の一部をコピーするには、Windows+Shift+S

  貼り付けは、Windows+V

(3) セキュリティの強化

  Windows DefenderからWindowsセキュリティへ。

(4) スマホ連携機能の充実

  ※別の機会に紹介

(5) 「切り取り&スケッチ」(新たに追加されたアプリ)

(6) メモ帳

  表示を拡大・縮小Ctrl+「+」、Ctrl+「-」、Ctrl+「0」

  検索で「折り返しあり」



アップデートで不具合があっても10日以内なら元に戻せます。心配な場合はアップデート前にHDDを丸ごとバックアップするという方法もあります。

新しいプログラムができてすぐのアップデートはお勧めしません。ウイルスに対する脆弱性などのバグが見つかる可能性があります。開発元は改良を重ねるので、数か月後にアップデートしましょう。