包丁の研ぎ方

1.両刃包丁の研ぎ方

(1)砥石に十分水を含ませ、濡れタオルを敷いて磁石を安定させます。

研ぐ角度は10円玉I~3枚重ねたくらいにします。

(2)利き手で包丁の柄をしっかり握って角度をたもち、一方の手の指を包丁の腹にぴったり添え、前後に押し引きします。包丁は砥石に対して45度の角度に置き、常に一定の力で研ぎます。

 

(3)指先を当てて刃先に"カエリ"が出たら、包丁を裏返して表と同じ回数研ぎます。研ぐときにでるドロドロの液は、刃研ぎに必要な研磨ざいなので、洗い流さないでください。指先を当ててみて刃先の両側に”カエリ”がなくなれば、研ぎ上がりです。


2.片刃包丁の研ぎ方

 

砥石に十分水を含ませ、濡れタオル敷いて砥石を安定させます。表の刃の面を10~15度の角度に保ちながら、両刃包丁と同じ要領で数十回研ぎます。刃の裏面に指先を当ててみて刃全体にカエリ出たら、裏面を低石にぴったり当て、数回静かに引いてください。刃のカエリなくなれば研ぎあがりです。