プログラミング

 日本の小学校で2020年からプログラミング教育が始まります。「コンピュータは人が命令を与えることによって動作します。端的に言えば、この命令が「プログラム」であり、命令を与えることが「プログラミング」です。」と文科省は説明しています。さらにプログラミング教育の狙いを次の3つであるとしています。「①「プログラミング的思考」を育むこと、②プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータ等の情報技術によって支えられていることなどに気付くことができるようにするとともに、コンピュータ等を上手に活用して身近な問題を解決したり、よりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと、③各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、各教科等での学びをより確実なものとすることの三つと言うことができます。」(文科省)

 問題解決するための論理的思考=プログラミング的思考ということなのでしょう。

 孫たちや近所の子ども達が始めようとしているプログラミング教育を、先回りして少し体験してみましょう。使うのは、インターネット上にあるScratch(スクラッチ)。


まずは体験。左のScratch(スクラッチ)ロゴをクリック。